LP3-2_モバイル.png
LP2_モバイル.png
LP3-1_モバイル.png
LP1_モバイル.png
LP4_モバイル.png
LP7_モバイル.png
LP5.1_モバイル.png
LP6_モバイル.png
LP1.png

完成図書のデジタル化、リストの文字起こしはおまかせください

ISMS認証事業所でセキュアにスキャン。
価格も明朗で、事前に予算を把握でき安心です。

​自社の従業員に依頼すると非効率で生産性が落ちるスキャン作業。
かといって、完成図書のデジタル化が進まないと、設備保全業務のデジタル化は進みません。
そのようなお悩みは、弊社に一括お任せください。

LP2.png

​書類の電子化業務においてISMS認証を取得

ISMS_ANAB_ISMS-AC_color.jpg

書類の電子化(スキャン)の業務において、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013 = JIS Q 27001:2014」の認証を取得しております。

 

登録組織    :株式会社サープス 西東京営業所
認証規格    :ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
認証登録番号  :IS 757765
認証登録範囲  :製造業向けSaaS型クラウド設備管理システムの開発、保守、運用、提供及び登録代行業務
        :ドキュメントの電子化支援サービス

IS 757765 / ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014

LP3.1.png

​サプライヤー版

製造業の完成図書とは

■いつ発生する
製造業では、設備が顧客(施主)のもとへ納品され試運転が終わり、設備を引き渡す検収のタイミングに、サプライヤー企業から顧客へ完成図書を納品します。
サプライヤー企業側は顧客へ納品したものと同じものをコピーとして保管します。

■どんなもの
製造業における設備導入では、設備の仕様を確定するまでに幾たびもの打ち合わせが行われます。完成図書は最終的に納品された設備の仕様を成果物としてドキュメントに整理しまとめたもので、設備の仕様情報の他に顧客が設備を正しく運転するための情報や、保全を行うために必要な情報が収録されています。
デジタルツインという言葉がありますが、完成図書は現物の設備のアナログな生き写しであり、製造業の設備エンジニアリングにとって必要不可欠なドキュメントです。

■納品の形態
一般的に市販の事務ファイルにドキュメントが綴じられ納品されます。糊付け製本されている場合もあります。
用紙サイズは、A4とA3が主です。顧客がDVDメディアなどを別途要求すれば、応じてくれるサプライヤー企業もあります。

■内容
完成図書の構成や収録される情報の名称はサプライヤー企業ごとに様々ですが、主に以下の様な内容が収録されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各項目ごとにインデックス用紙が挟まれ、区分されています。

■ボリューム
一般的に一設備案件で数冊の図書が発生します。製薬業界では、完成図書の他にCSV図書、CSV完成図書、バリデーション図書といった図書が要求され、一設備案件で十数冊の図書が発生することも珍しくありません。

 

【プラントエンジニアリング会社の例】
・納入仕様書
・フローシート(P&ID)
・シーケンサー入出力表
・システム構成図
・機器リスト
・計装付箋図
・制御盤外形図
・配置図
・ユニット図
・配管図
・機器図
・取扱説明書
・機器取扱説明書

【装置メーカーの例】
・製作仕様書
・装置図面
・取扱説明書
・操作説明書(パネル)
・保守点検マニュアル
・消耗品、予備品リスト
・部組表
・部品リスト
・トラブルシューティング

スキャン及びOCR処理価格表

※特別価格はSERPSS®ご契約企業の価格です。

LP5.png

【料金】 
基本料金:5,000円(案件ごと)
価格表に記載がないファイルタイプの場合、背幅の計測により、価格表内の金額を適用いたします。

(背幅で十桁mm単位が同じ仕様を選定。例:90㎜台であれば、96㎜の価格を適用)

ファイル綴じされていない資料は、A4サイズ:15円/枚、A3サイズ:60円/枚(OCR費用は別途)です。
返送は宅急便にて行います。返送費用は含まれておりません。
価格はすべて税抜き価格です。

 

【仕様】
1. スキャンは白黒/グレー/カラーの自動識別(カラー/グレー200dpi、白黒400dpi相当)を基本とし、図面などフォントの小さい対象には、目視判断を行い最大600dpiでスキャンいたします。
サンプルファイルをご用意しております。お申し付けください。
2. インデックス用紙ごとにファイルを作成いたします。
3. インデックス用紙の名称、または各インデックスの最初頁内容からファイル名を作成します。
4. OCR処理について手動の調整は行っておりません。
5. 付箋、クリップ、ホチキスは事前に取り外してお渡しください。処理の際に上記が残っているものは、物理的に取り外して処理を行います。標準では付箋のスキャンは行いません。付箋のスキャンが必要な場合、別途お申し付けください。付箋は復旧に努めますが、貼り付け位置など完全な再現をお約束するものではございません。粘着力の低下などを含む様々な条件により、付箋が剥がれ落ちた場合も、弊社の責任範囲外となります。
6. A3以上の資料は、分割スキャンや写真(jpeg)撮影後、PDFファイルに変換し、元のインデックス内にファイル結合を実施いたします。資料が大きい場合、撮影を分割しファイルを分割する場合がございます。OCR処理は行えません。
7. 納品形態は、DVD、USBメモリ、またはクラウドサービスからのダウンロードとなります。
8. 出張スキャンは別途お見積りいたします。

 

【その他】
価格、仕様は改定する場合がございます。

スキャン及びOCR処理仕様

LP6.png

ご依頼の流れ

下段のリンク先よりお問合せください。担当者からご連絡いたします。

事務ファイルサイズと冊数をお知らせ下さい。御見積をいたします。リピート時は、当社に現物を送って頂いてから、当社にてファイルサイズと冊数を調査するお任せお見積りも可能です。

ご注文書を頂戴いたします。

スキャンによる書類電子化、OCR処理、ファイル名付けを実施いたします。

作業完了後、データを納品いたします。検収を終えましたら、現物の返送を行い、当社内のお客様データを削除いたします。

LP7.png

データ化した完成図書をシステムで管理するならSERPSS®で

当社では、設備情報管理プラットフォームSERPSS®の開発と提供を行っています。


自前のサーバーによるファイル管理や、汎用的なファイル管理システムでは、階層によるフォルダ管理となり、ファイルの管理や更新の維持運用は難しいものがあります。

SERPSS®は製造業の設備管理に最適化したクラウド型のシステムです。

 

登録したファイルには、設備の属性(メーカー名、装置名、型式名、納入日など)や、管理する部署の情報が自動で紐づけられ、ファイル名の名づけルールがバラついていても、他の属性をもちいて多軸によるファイル検索と絞り込みが可能です。
 

また、図書の管理だけでなく、日々発生する管理情報やメモといった知見、報告書や見積書といった設備に関する様々なファイルの管理が可能です。

そして、SERPSS®ではクラウド完成図書®機能により、サプライヤーから直接データで完成図書を納品して貰うことができます。設備を導入するたびに発生するアナログな完成図書の発生をなくすことが可能です。